最短距離でAフライトになりたい方へ。ダーツ上達,練習法「知野真澄式」。若手No1プレイヤーがあなたのカウントアップをお手伝いします。DVD

2020年9月11日

[動画][ダーツ練習方法]

タイトル:最短距離でAフライトになりたい方へ。ダーツ上達,練習法「知野真澄式」。若手No1プレイヤーがあなたのカウントアップをお手伝いします。DVD

フォームやトレーニングだけではなく、ダーツ選手に必要なメンタルコントロール法も徹底指導!
詳細はこちら⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=177040&iid=49176
ダーツを始めた最初の頃、僕はアウトボードばかりしていて、とても苦労をしていました

僕がダーツを初めて投げたのは高校生の頃でした

初めてダーツをやってみると、男性ならば、そこそこダーツボードには刺さりますよね?

もし刺さらないまでも ターゲットのどこかには命中すると思います

しかし、僕は違いました。

ダーツの軌道はバラバラ、アウトボードだらけ。

ターゲットに入っても、ダーツは刺ささらず、むなしく落下

僕は身長が180センチ以上あるので、比較的有利なはずです

それなのに、お店の壁を穴だらけにしていました

初心者の方と対戦をしても、もちろん全く勝てません

僕は負けず嫌いな性格なので、対戦で負けたことが悔しくて悔しくて仕方がありませんでした

そして、数ヵ月後・・実は状況は一変し、僕は8カ月でカウントアップ1,000点を超えるまでに上達していました

どうして、背が高くて有利なのにダーツが刺さらなかった僕がこんなに短期間に上達してしまったのでしょうか

もちろん、指で押していたわけではないですよ

それは・・とある「練習のやり方」を実践してきたから、それだけです

僕は負けず嫌いな性格で、負けたことが悔しくて仕方なく、毎日のように練習をし、ダーツの投げ方を思考錯誤して、色々と研究していました

そして、気が付くと、8か月でカウントアップ1,000点を めでたく超えることができていたのです

僕のやってきた「練習のやり方」は正しかったのです

もちろんその「練習のやり方」は、僕にしかできない特別なことではなく、誰でもできる、とてもシンプルな方法です

「誰にでもできる、何て簡単に言うけど・・」

もしかすると、そう言いたくなるかもしれません

しかし、最初は全くダーツが刺さらなかった僕が 実際にプロにまでなれてしまったのです

最初から刺さらず、思うように上達しない時期が何度もあったので、間違いなく僕が「ただ単にセンスが良かっただけ」 ではないということです

僕がやってきた「練習のやり方」をあなたにもお伝えしたいです

何故なら、あなたも

「毎日練習しているのに、どうして上達しないんだろう」

と、自分なりに努力をされていると思います

あなたの悩みはとてもわかります

実はこのホームページは、ダーツを真剣に上達させたい人、練習をしているのに伸び悩んでいる人にしかたどり着けないように インターネット上で、色々と工夫をしています

そして、あなたは自分から積極的に行動し その結果、このホームページを発見しました

しっかり行動をしている、そんなあなただからこそ お伝えしたいと思っています

練習をしているのに報われないと ダーツをやっていても楽しさが半減してしまいますよね

ダーツは、普通に友達同士で投げていても楽しいものですが、毎日投げるたびに上達を実感するのは、とても気持ちがいいです

ダブルやトリプルを連発するのは、本当に楽しいです

ダーツバーなどで、ギャラリーの視線がかなり心地よいです

その喜びをあなたにも味わって頂きます

それがこのホームページの目的です
詳細はこちら⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=177040&iid=49176